クレジットカード・マイスター見参! おすすめ快適カード生活術

あなたのライフスタイルにバッチリの
おすすめクレジットカード教えます

ダイナースクラブカード

このページでは、世界で最初のクレジットカードといえるダイナースクラブカードについて、特徴や評判などを紹介します。

ダイナースクラブカードのクレジットカードとしての特徴

世界で最初のクレジットカードといえるダイナースクラブカードについて特徴や評判などを紹介

ダイナースクラブという名が表わすとおり、その起源はニューヨークのレストランでツケ払いでの食事をするために設立されたクラブ。

加盟店が多いとはいえないものの、高級料亭や予約困難なレストランなどの予約代行サービスがあり、まさにセレブ向けのクレジットカードといえます。

ショッピングの利用枠が一律ではなく、例えばBMW ダイナースカードはディーラーでの車両購入も可能

この場合、1,000万円以上の車両もあるので、キャッシュバックも桁違いになるわけです!

ダイナースクラブカードのクレジットカードとしてのおすすめポイント

1950年に設立した世界初のクレジットカード会社

ダイナースクラブカードは、アメリカの実業家マクナマラと弁護士のシュナイダーによって1950年に設立。そのきっかけは、誰にでもある出来事でした。ニューヨークにあるレストランで食事を終えたマクナマラは、会計の際に財布を忘れたことに気付き、奥さんに現金を届けてもらいました。何とか支払いはできたものの、財布の到着を待っている時間はマクナマラにとって屈辱的な時間でした。
その後、友人の弁護士シュナイダーと共に、後払い(ツケ)で食事ができる「ダイナースクラブ」を立ち上げたのがクレジットカードの始まりだと言われています。それから富裕層をターゲットに、65年たった現在でも受け継がれてきました。

日本には10年後の1960年12月に設立。その当時から、入会審査方針は収入・生活の安定性・将来性の3点に重きを置き、社会的信用の高い人を入会させるというもの。そのためカード会員は、医師や弁護士、役職者などが多く、社会的信用が高い人が持つステータスシンボルとなっています。

利用金額に一律の制限なし

一律の制限がないと言っても、無制限に使えるわけではありません。申込者の毎月の支払い状況などを調査して、個人に限度額が設けられています。つまり、限度額が1,000万円の人もいれば、500万円の人もいるということです。

しかし、他のゴールドカードと比べても、ダイナースカードは利用限度額が高く設定されています。 高額な商品を購入したい方や、高いサービスを利用したいと考えている方には、ダイナースクラブカードはオススメです。

グルメ、トラベル、ゴルフなどセレブな優待サービスあり

ダイナースクラブカードには、会員を満足させる優待サービスがあります。様々なサービスがあるなかで、最も評判が良いのが「食事」です。人気レストランをオンライン予約・コース料理が6人以上なら2人分は無料になるグループプラン・予約が困難な高級料亭の代行予約・銀座にあるクラブやバーを楽しんでもらうためのウエルカムドリンク1杯サービスなど、たくさんのサービスが用意されています。

【そのほかの優待サービス】
■会員限定旅行サービス
最高1億円の旅行保険やポイントを有効期限なく貯められる・海外レンタカー料金の割引など、特別な航空券の手配してくれます。

■ショッピングサービス
通常なら安くできないような店で値下げしてもらうことが可能です。

公共料金や年金、税金の支払が可能

普段から使う電気、ガス、水道代などの公共料金の支払いにも、ダイナースクラブカードは利用できます。明細書で利用状況をしっかりと管理でき、ポイントも貯められます

そのほか、携帯・PHS・固定電話料金や新聞代などにも対応。しかし、ガス会社や新聞社などは地域によって提携してない会社もあるようなので、確認するようにしましょう。

国内・海外の旅行保険は最高1億円まで補償

ダイナースクラブカードには、最高1億円まで補償した「海外旅行保険」というサービスがあります。海外旅行をより安全にするために様々なことが補償されています。
被保険者は、カードを持っている本会員と家族会員。補償期間は、日本を出発してから最高3ヶ月間です

・傷害治療費:約300万円
・疾病治療費:約300万円
・賠償責任:最大1億円
・携行品損害:約50万円
・救援者費用:300万円

 

カード購入の商品は年間500万円までの補償つき

会員の方に、安心してショッピングをしてもらえるよう「ショッピングリカバリー(動産総合保険)」というサービスがあります。

ダイナースクラブカードで買った商品が破損や盗難にあったとき、年間500万円まで補償してくれます。さらに国内だけではなく、海外で買った商品のトラブルも補償の対象。被保険者は、カードを持っている本会員・家族会員となっています。

補償期間は、商品を購入した日から90日間です。補償金額は、利用控え・購入店の領収書に記述されている購入金額から自己負担額を差し引いた金額になります。

ダイナースクラブカードのクレジットカードとしての基本データ

ダイナースクラブカードダイナースクラブカードのクレジットカードとしての基本データは以下のとおりです。

項目 説明
年会費 22,000〜43,000円
利用枠 一律の利用制限なし、リボ払いは上限あり
ラインナップ スタンダード、航空会社・各種店舗提携、ビジネス他
分割手数料率 実質年率15.00%
提携国際ブランド ダイナース自体
発行会社 シティカードジャパン株式会社

ダイナースクラブカードのクレジットカードとしての評判

ネットで見つけたダイナースクラブカードの、クレジットカードとしての評判をピックアップしてみました。

クチコミ!「審査のハードルが高いものの、そのぶんステータスも極めて高い。50代の自分にとっては不可欠なカードといえる」

クチコミ!「ポイントを航空券のマイルに引き換える際、複数の航空会社が選べていいですね。無料で使える空港ラウンジも多いし、ビジネスカードのポイントもまとめられるなど、他社にはないサービスが充実しています」

高額な買い物や
セレブな店舗&施設の予約に
めっぽう強い

イチオシの使い方! byマイスター
私がマイスターです(^_^)
カードは複数利用でよりお得に

さまざまなクレジットカードがあふれる現代、1枚のカードにこだわるよりも、メインカードを補完できるサブを作れば、もっとお得な生活ができる!

人気テーマ別ランキング一覧
  • 年金費無料
  • 交還元率
  • 審査があまい
  • ゴールドカード
  • 主婦でもつくれる
  • 営業&自由業でもOK