クレジットカード・マイスター見参! おすすめ快適カード生活術

あなたのライフスタイルにバッチリの
おすすめクレジットカード教えます

無職でもクレジットカードが作れるのか

このページでは、主婦や年金生活者、生活保護受給者など、クレジットカードの審査で無職の場合にカード発行してもらえるのかどうかを説明します。

無収入や生活保護など無職のひとに対するクレジットカードの審査

主婦や年金生活者、生活保護受給者などクレジットカードの審査で無職の場合にカード発行してもらえるのかを説明クレジットカードの申し込みフォーマットには職業を記入する欄があり、ここを「無職」としてしまうと審査に通る可能性はかなり低くなってしまうのが通例です。

重要なのは安定した収入源があるかどうかで、配偶者に収入のある主婦&主夫や年金生活者なども「無職」ではなく、それぞれの肩書きを記入するのがベター。

⇒ 主婦でも便利なクレジットカードのランキングを見る

賃貸経営の家賃や個人のネットビジネスなどでも安定した収入があるヒトなら、確定申告して納税もしているわけで、自営業で問題ありません。

また、フリーターや家事手伝い、失業保険や預貯金で生活している場合でも、無職とするよりは実情にそった内容をそれっぽく記載する方がまだまし。

もちろん、それで審査が通るわけではありませんが、無策で臨むよりは意味があるというモノです。

いっぽう、生活保護受給者の場合は、収入があるとはいえ、新規にカード会社の審査を受けて通る可能性はまずないでしょう。

ちなみに、生活保護の審査をする自治体によってクレジットカード利用の基準には違いがあって、後払い=借金することを認めないケースもあれば、求職のために利用するプロバイダ料金のカード決済を認めているケースもあったりします。

クレジットカード勧誘の場における審査の実情

ポイントカードを持っている会員サービスで、「クレジット機能のあるカードに変更しませんか?」と勧誘されたり、店頭でそのショップ用のクレジットカード申し込みをすすめられることもよくある話。

これも勧誘されたからといって、申し込めば必ず審査に通るというわけではありません

それでも、勧誘してきたスタッフに職業欄の書き方を聞いてみてください。

「無職」と書くよりは、多少なりともベターな方法をアドバイスしてくれると思います。

なお、こうした勧誘の場では、そこのスタッフは審査に通るかどうかよりも、ひとりでも多くのヒトに手続きをさせることに重点を置いているもの。

だから、「勧誘されたから申し込んだのに、審査に落ちるなんて!」と怒ってみてもムダ。

結論として、職業や信用情報を偽うのは無意味ですが、履歴書なら無職となるヒトでも、収入源があるとわかるような表記をすることが、クレジットカード審査では重要なのです!

  • クレジットカード申し込み時の職業は「無職」としない
  • 名称が不安定でも収入源があるように肩書きを記入する

審査に通るのに
もっとも重要なのは
定期的な収入の有無

イチオシの使い方! byマイスター
私がマイスターです(^_^)
カードは複数利用でよりお得に

さまざまなクレジットカードがあふれる現代、1枚のカードにこだわるよりも、メインカードを補完できるサブを作れば、もっとお得な生活ができる!

人気テーマ別ランキング一覧
  • 年金費無料
  • 交還元率
  • 審査があまい
  • ゴールドカード
  • 主婦でもつくれる
  • 営業&自由業でもOK