クレジットカード・マイスター見参! おすすめ快適カード生活術

あなたのライフスタイルにバッチリの
おすすめクレジットカード教えます

使用停止にならないための心がけ

このページでは支払滞納によってクレジットカードの使用停止、さらには強制解約されないために注意すべき点を紹介します。

滞納だけじゃない、クレジットカードが使用停止になるパターン

支払滞納によってクレジットカードの使用停止、さらには強制解約されないために注意すべき点を紹介クレジットカードの利用料金引き落とし日なのに銀行残高が足りないという状況、ままありますよね。

うっかり忘れていたとしても、本当にお金がない場合でも、厳密にいえばここから延滞していることになってしまうのです。

その後、督促状が届いて、なおも支払ができないと使用停止となります。

これは本人も自覚があるケースで、他にも使用停止となる可能性があるのは以下のパターン。

  • クレジットカードが不正利用されている
  • 現金化しやすい商品を購入している
  • 規約に違反している

ごく短期の滞納なら大事にはなりませんが、使用停止されてしまうと個人信用情報機関にその情報が登録されてしまうので、他のクレジットカードも新規作成できなくなったり、更新ができなくなったりするので、十分に注意してください。

また、意外と盲点なのが、住所変更やメールアドレスの変更、電話番号の変更をし忘れたことにより、カード会社が連絡をとれなくなって解約されてしまうというもの。

延滞などの落ち度がないはずなのに、ある日突然、解約されてしまったら、自分の登録情報を確認してみてください。

強制解約を避けるために注意すべきクレジットカードの利用法

どのくらい滞納すると使用停止になるかはカード会社によって違いますが、いろいろなケースをリサーチしてみると、だいだい1~2ヵ月支払延滞すると使用停止となるみたいです。

ただし、対策としては

  • 利用限度額内で利用する
  • 支払をきちんとする
  • 利用規約に違反しない
  • 登録情報に変更があれば、その都度申告する

と、ごくごく当然のこと以外ありません。

使用停止になった後もさらに滞納が続くようだと、最終的には強制解約となって、カード利用だけでなく金融機関からの借入も受けられなくなる、いわゆるブラック扱いになるのがオチ。

なので、万が一使用停止になってしまったら、あまり使わないクレジットカードを自分から解約しつつ、他から借金せずに延滞しているぶんを即支払うこと。

最近は携帯電話の2年割公共料金の引き落としなどもクレジットカード決済にするケースも普通なので、引き落とし日に自分が思っていた以上の支払金額となることもけっこうあります。

そこで、日頃からクレジットカード使用では以下の点に注意しておいてください。

  • 毎月の引き落とし用ショッピング用のカードを分けて使う
  • カード会社のネットサービスでこまめに利用明細を確認する
  • 延滞した場合は即カード会社に連絡して支払う意志を伝える

カード会社だって
リスクは負いたくない!
自己管理が重要

イチオシの使い方! byマイスター
私がマイスターです(^_^)
カードは複数利用でよりお得に

さまざまなクレジットカードがあふれる現代、1枚のカードにこだわるよりも、メインカードを補完できるサブを作れば、もっとお得な生活ができる!

人気テーマ別ランキング一覧
  • 年金費無料
  • 交還元率
  • 審査があまい
  • ゴールドカード
  • 主婦でもつくれる
  • 営業&自由業でもOK