クレジットカード・マイスター見参! おすすめ快適カード生活術

あなたのライフスタイルにバッチリの
おすすめクレジットカード教えます

公共料金や税金

このページでは、必ず支払いの必要が生じる公共料金や税金でおすすめのクレジットカードと、その使い方などを紹介します。

クレジットカードで公共料金・税金決済をおすすめする理由

必ず払わなくてはならない公共料金や税金の支払でおすすめのクレジットカードと使い方などを紹介電気/水道/ガス料金、そして携帯電話料金といった公共料金も、最近はクレジットカードでの決済に対応するケースが増えていて、これも継続的な支払いなのでポイントを貯めるにはもってこいといえるでしょう。

さらに、国民年金保険料や税金の支払いもできるカードもあるので、個人事業主ならこれらも含めてカード決済にすれば、かなりお得になるはず。

ただし、ここで注意しておきたいのが、そのお得度。

単に支払いができることだけに注目するのではなく、どういった還元がされるのかが重要です。

ポイントが付く場合でも、公共料金だと付与率が普通のショッピングよりも低かったりします。

公共料金は年間で見れば10万円以上、数十万円にもなる支出なので、クレジットカードによる詳細な違いまでチェックしたうえで、決済カードを決めてください。

公共料金や税金の支払いでよりお得なクレジットカード

公共料金や税金の支払いができるクレジットカードの中でも、特におすすめしたいのが以下の3つ。

ポケットカードのP-oneカード

P-oneカードはカード利用額の1%が自動的に割引されるのが大きな特徴。これによって公共料金の他にも自動車税、国民年金保険料、住民税、固定資産税といった公金の支払いも実質値引きとなるわけです。

リクルートカードプラス+nanacoチャージ

ちょっと裏技的な使い方ですが、クレジットカード決済できない公共料金や公金でも得する方法がこれ。リクルートカードプラスからnanacoにチャージする際に2%の高い還元率があるので、いったんnanacoにチャージしてセブンイレブンで払えばお得になるというわけです。

  • 公共料金や公金決済が実質1%オフになるP-oneカード
  • リクルートカードプラス+nanacoチャージで2%の還元率

税金の支払いに
カード決済できるかは
自治体ごとに要確認!

イチオシの使い方! byマイスター
私がマイスターです(^_^)
カードは複数利用でよりお得に

さまざまなクレジットカードがあふれる現代、1枚のカードにこだわるよりも、メインカードを補完できるサブを作れば、もっとお得な生活ができる!

人気テーマ別ランキング一覧
  • 年金費無料
  • 交還元率
  • 審査があまい
  • ゴールドカード
  • 主婦でもつくれる
  • 営業&自由業でもOK